昔はよくあった。

産まれたばかりの赤ん坊の取り違え、、、昔はよくあったらしい。
って、、、おーーーーい!
あってはならにことだけどね。

でもじっさいにあったらしく、今になって訴訟とか、そういえば映画にもなってます。

それでも親子は育ての親子の方がしっくりいくんだけど、
問題は、じっさいの両親はお金持ちで、育ての親はそうではない、とか、
それによって教育に差が出て、自分はだから収入が少ないとか、、、そういうこともあるみたいだ。

でも一番は、本人だとしたら自分を産んだ親に会いたいだろうし、
育ててくれた親にも、自分の子供に合わせてあげたいと思うだろう。
病院ってところは体裁を取り繕うだけでそういうところは考えない、
だからモメてるケースもあるようです。

1日に産まれる子供がたくさんあるような病院では怖くて子供も産めないですね。

お産婆さんとかの方がこの点では安心です。
とはいえ、病院で生むケースが多いし、そんなこと普通は考えないですからね。

よくある話だ、、、なーんて、簡単に言えない話でした。。。汗

このブログ記事について

このページは、ふうたが2018年12月 1日 00:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「メーガンさん」です。

次のブログ記事は「マリーの宝石」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。